フェブラリーステークス

フェブラリーステークス

フェブラリーステークス

フェブラリーステークスとは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場のダート1600mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。 競走の名のフェブラリーは英語の2月の意味「February」から。Februaryは2月という意味から2月中に競走の施行日が設定されることが多い。 ※正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。 東京競馬場のダート1600mの5歳(現4歳)以上のハンデキャップの混合の1400万下条件の競走フェブラリーハンデキャップとして施行したのが始まり。 1984年の中央競馬におけるダート重賞路線の整備に伴い5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走フェブラリーハンデキャップとして新設、第1回は現在と同じく東京競馬場のダート1600mで施行され創設当初はGIIIの格付けだった。 1989年には混合競走に指定、1994年に競走としての格を再評価されてGIIに昇格、更に負担重量が別定に変更された為、現在のフェブラリーステークスに改名、翌年には指定交流競走に指定、地方所属の競走馬も出走可能になった。 1997年には前年から始まったアラブ首長国連邦のドバイにあるナド・アルシバ競馬場(2010年からはメイダン競馬場)で施行されるドバイワールドカップの日本国内の前哨戦と言う意味合いからダートGI競走の必要性が高まり、中央競馬のダート重賞競走で初めてGIに格付けされた。なお条件特別の競走がGIにまで昇格したのは稀有な例である。またGIに格付けされ負担重量も定量に変更された。更に同年の4月にはダートグレード競走の施行によりダートグレードのGIにも格付けされた。 2007年より国際競走に指定され外国馬の出走も可能になり、国際グレードのGIにも格付けされた。 中央競馬のその年における最初のGI競走(芝も含める)で、日本国内では川崎記念に次ぐ2番目に施行されるGI競走でもある。また中央競馬と地方競馬の最上位クラスの競走馬が例年多く出走する為、冬のダート最強馬を決める競走として位置付けられている。 本競走で優勝や上位入賞をした競走馬は、3月末にアラブ首長国連邦のドバイにあるメイダン競馬場で開催されるドバイミーティング(ドバイワールドカップやドバイゴールデンシャヒーン、ゴドルフィンマイル)へ遠征する場合がある。 これまで本競走からのドバイミーティングでの優勝馬はまだ出ていないが、2001年にトゥザヴィクトリー(本競走3着)、2011年にはトランセンド(本競走優勝)がそれぞれドバイワールドカップで2着に入っている。

ダート最強マイラー決定戦 東京ダート1600m

昨年は急に時計がかかる馬場に
1回東京開催最終日に行われる年内最初のG1競走。ダートの古馬マイル王決定戦。ダートコースのクッション砂の砂厚は9.0cmで調整されている。なお、この時期はコース全面に凍結防止剤が散布されることが多い。過去10年、降雪状態でレースが行われたことはないが、馬場状態はかなり不安定だ。不良馬場で行われた年は二度あり、05年はメイショウボーラーが1分34秒7のレコードで優勝、07年はサンライズバッカスが1分34秒8で優勝。09年は稍重で、サクセスブロッケンが1分34秒6のレコードで優勝した。一般的には湿った馬場になり、脚抜きがよくなった方が速い時計が出る。ただ、10年は良馬場ながらエスポワールシチーは1分34秒9のタイムで圧勝。良馬場でも十分速い時計が出る。一方、トランセンドが優勝した昨年の時計は1分36秒4(良)。この週から急に時計が掛かりだしたため、走破時計が遅くなった。前週の時計を鵜呑みにしない方がいいだろう。今週の馬場状態によるところが大きい。

前傾ラップを前々で押し切る能力が必要
スタート地点は2コーナー奥のポケット。芝部分からの発走で、外枠に行くほど芝を走る距離が長くなる。したがって、一般的に東京ダート1600mは外枠の方が有利で、このレースにそれが当てはまる。最初の3コーナーまでの距離は直線だけで600m以上あり、最後の直線距離(501.6m)よりも長いためテンから速く流れる。その度合いはメンバー構成に左右され、年によって異なるが、前半600mの方が後半の600mよりも確実に速くなる。いわゆる前傾ラップだ。 過去10年、前半600mが最も速くなったのは06年の33秒9。ここまで速くならなくとも34秒台で流れれば、普通は差し馬が有利だ。この流れを先行して押し切る、あるいは粘り通すには相当な能力が必要だ。歴代優勝馬の多くはこの能力を見せつけてきた。東京開催時の脚質別成績は逃げ馬が【2.0.0.7】、先行馬は【3.4.5.23】、差し馬は【4.3.4.42】、追い込み馬は【0.2.0.42】。前傾ラップの展開でも強い馬はなかなか失速しないので、追い込み馬が勝ち切るのは容易ではない。

優勝馬は中距離でも対応できる
上がってしまうし、強烈な決め手を持つ馬でもスローペースの中長距離戦ばかりに慣れてしまっている馬では、差し遅れたり、道中速いペースの追走に脚を使わされたりして伸びを欠いたりする。過去10年の優勝馬はヴァーミリアンやカネヒキリ、アドマイヤドン、アグネスデジタル、トランセンドなど錚々たる面々。マイル戦だけでなく中距離のG1でもトップに立った。

1年に1度の特別配信

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング